-------- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| OPEN | スポンサー広告 |
2009-09-01 (Tue)
アフィリエイトのコツを紹介する中で、した方がいいことを説明するのは難しいのですが、逆にしてはいけないことを説明するのは簡単なのです。

というのも、した方がよいことはアフィリエイトの手法は日進月歩で変化していて、常に変化していくことと、やり方には無限の可能性があるからです。

私も、アフィリエイトの効率的なやり方を常に考えています。

一方、してはいけないことはある意味、定石となっていますので、紹介しやすいのです。

ここでは、一度総点検の意味で、ブログアフィリエイトを行う上で、避けた方がよいことを数回に分けてご紹介します。

お持ちのブログに、当てはまるものがありましたら、修正するなどの対応をとるようにすべきです。


・商品を褒めすぎる

これは、お持ちのブログサイトで商品を紹介している場合です。

インターネットで、商品を購入しようと思えば、購入前に口コミを調べるというのが、今の主流となっていると思います。

商品は物販サイトが賢明に宣伝を行って、商品を買ってもらおうとしています。

従って、物販サイトが販売している商品のデメリットを説明することはまずありません。

そういったことは当然、購入者も知っており、様々なサイトで実際に使用した人の意見が書かれているところを探します。

まず、第一には価格.com などの商品比較サイトで、口コミを見るのがトレンドかと思われますが、ここも意見が偏ることもないとも限りませんので、ブログでの商品紹介にも意義があります。


* * * ブログでアフィリエイトする商品を紹介する場合、その商品を実際に使って見ている場合は、感想を率直に書けば良いのです。購入者が求めているのはこういったホンネの情報なのです。

もちろん、アフィリエイトする商品を、紹介者が必ずしも購入したことがあるとは限りません。

その場合は、(1)その商品を使ったらどのように使うか、(2)その商品がどうあればもっと良かったか、(3)他の類似商品と比較したメリット・デメリットを書いてみるといいでしょう。

こういうことが掲載されていることを、ブログでは求められていると考えられます。

だから、必ずしも商品を褒めるなという話ではなく(商品を褒めるのは物販サイトにまかせておけばよいのです)、あなたのブログに訪れた人が、どういった情報を知りたくて訪れているかを考えるということです。

あなたが、実際にその商品を購入する立場になったとき、どういった情報を求めるかをシミュレーションする想像力が要求されます。

もう一つ付け加えるならば「売れています」という言葉は慎重に使う必要があります

いくら本当に売れている商品でも、訪問者が知りたいのは商品の情報であり、購入者の生の声であるわけで、宣伝文句ではないはずです。

ただし、在庫が枯渇しそうな商品の場合は有効な文句となるでしょう。

商品を紹介する文章を書いたら、常に、客観的に購入者の視点で見直してみて、購入者が求める情報となっているかどうか、点検する癖がつくと、自然と商品の購入率も上がってくるでしょう。



人気ブログランキングへ←応援お願いします

| OPEN | 1.ブログの質を上げる | COM(0) | TB(0) |







管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。